« ほんの5,6年前より10kg以上太った私 | トップページ | いつもとは違う寝坊の朝 »

2012年10月 8日 (月)

スピルバーグ

偉大なる巨匠 スピルバーグ監督が自分は学習障害で、読み書きが人より2年遅れていて、虐められてとても悩んだと告白した。
障害をしったのが5年前で、自分の謎が始めて解けたという話しだった。
監督は、つらさから逃れるため映画に没頭したという。

とても励まされてた。
発達障害は色々なジャンルに及び、多くの子供が抱えている。
自分の子が、理由があって出来ないとわかれば親も子供も凄くラクになると思う。

実際に診断を受けたところで、事実は変わらない。
だけど、この子がそうだったのだ、と考えたたら凄くラクになった。
”障害”というが、これは血液型と同じだ。
「A型だから、こういう性格」
というのと同じ。人より劣るという事ではない。正に個性だ。
心からそう思う。

スピルバーグ監督。告白をありがとう。
あなたの映画同様、救われた人がたくさんいます
ありがとう

|

« ほんの5,6年前より10kg以上太った私 | トップページ | いつもとは違う寝坊の朝 »