« 写経 | トップページ | 決断と転換 »

2012年8月14日 (火)

夏休みの感想文

お盆休み。まとめて遅れを取り戻す最後のチャンス

さて学校の夏休みの宿題。ご存知感想文があるわけですが、詩人あるいは作家の才能がトキオにはあると思っている私は感想文ぐらい簡単に書けると思っていた。
だのにびっくり。
まったく書けないんです。
全くですよ。

何をどうしていいのかわからない。
どうかいていいかわからないみたい(それさえわからない)。

思ったことを書けと言っても、文章の書き方にばかり拘り内容が伴わない。

大ピンチ!
なにより面倒くさがって、真剣に直そうという気持ちがないみたい。
もう困った。

そういうわけで、嫌がり抵抗する心で対抗してくるトキオを力ずくで押さえつけ
ようやく感想文が形になったのは七時間後。それでも出来上がっているわけではないけどこれ以上いってももう駄目だし・・・
じゃぁ、しょうがない。
あと2本。毎日1本ずつ書こうということになる。

翌日また宿題の計算など山積で約束の感想文が出来ないまま気分転換に、板橋の天然温泉に自転車でいってみることに。
で、さくっと入ってさくっと夕飯食べて帰ってくる予定だったのに5時間まで居られると知り、緊急作文。

感想文掻き上げて一風呂浴びようとのことばでトキオ大いに刺激した(笑)

チラシの裏に400字マスを私が作り原稿用紙にみたてて、臨時でもってたボールペンで書かせること一時間半。やれば出来るじゃん。

なんしろ、内容より何より、短時間で仕上げられなければ0点と同じなのだ。
それが全く分かっていない。

帰って作文用紙に清書したけど、その温泉で書いた下書きがないぞ・・
見つけてから写真はアップ

|

« 写経 | トップページ | 決断と転換 »