« 夏休みの感想文 | トップページ | 塾の選択 »

2012年8月16日 (木)

決断と転換

温泉でリフレッシュした翌日は連休最後の日。
いよいよしかし開けてビックリ。
やってるといってた算数の計算問題、一行問題の基礎的な宿題が8月3日から全くやっていないと判明。

猛烈私の逆鱗に触れた!

いよいよ、この夏休みで受験の行方は決まったもんだ。
ここからラストスパートで、合格にむけた目鼻がついてかないようではもう無駄にやっていても意味はない。

もうトキオに受験はムリだと思った。
全然立ち向かう気力というか、精神力が足らない。

計算をするにしてもが弱く、ダラダラだらだら解く。だから、このお盆に一問に使う時間を決めて解く緊張感を持たせた学習法を強いてみた。
集中できていない。
昨日問題になった作文もそう。

逆に言えば弱点が明確になってきた。

このまま塾に通って四教科、私立受験の勉強をする意味も気力もトキオにはない。
もしや、両方いけるかもと思ったけれどこれでは、どちらも駄目になってしまうのは眼に見えている。


塾に私立向けの勉強を止めると言おう。

いっそ今の塾は辞めて、公立向けの土曜や長期休みの集中講義だけの塾もあるそれにしようか。

なにしろ今大きな転換期だ。





|

« 夏休みの感想文 | トップページ | 塾の選択 »