« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月29日 (水)

さぼり

朝登校班の当番だった。2年の子が泣いて騒いで、見送りに出
たお母さんに「学校に行きたくない」と訴える。時間が来て「並ん
でー」なって段階にナルト、その子は一層抵抗し始めギャーギャー
泣きわめいたもので、その子のお母さんは思いっきり頭を叩いた。
あちゃー。しかしそれは家庭の問題。なんのこれしき池袋。
さて、他の子達はいそいそと出発し始めるも、まだまだその子はご
ねてて、エスカレートした母親はマジで簿ボディーブローでボコボ
コ。子供は最高潮に奇声を上げ泣き叫ぶ。
しょうがないなぁ・・さぁみんな、あちらはお母さんに任せて、出
発しよう。
断腸の思いで、泣き叫ぶ子を背中で断ち切り私たちは旅だった。

私「ねぇ、なんて名前の子?」
子1「L君」
私「何年生」
子2「2年生。」
子1「2年ぐらいだと、学校行きたくない日がちょうど
ある頃だよね」
子2「俺もあったよ」
子3「俺なんて今でも毎日だよ・・」

子供達の会話、ほほえましい(笑)

お母さんにボコられ無理矢理追い出された、当のL君は後ろを
振り返りながら歩み出すもなかなか進まず。
集合場所ではちゃんと出かけるかお母さんが見張ってる。
時間がきて引き上げる、シルバーさんがL君に気がつき声をかけ、
自転車を引きながら一緒に来てくれた。
私が近づき「どうした、どうした?」と声を掛けると「恐いー」と
泣き出す。
シルバーさんと私は「いじめか?!」とにわかに大事件の予感がするも
「プールがこわいーぃ」
なんだ、なんだ。ちょっと安心。
するとシルバーさん
「ナンだ、プールか。そうかそうか。プールなら、お腹が痛いと
か、なんとか先生にいって休ませてもらえば大丈夫だ」
優しく諭す、おじいちゃんの器の大きさ、優しさに心が温かくなる。

「ここは任せて。」とシルバーさんとLくんは肩を並べて、
ゆっくりと学校へ向かった。

帰宅後息子にその後のことを聞いてみると
「ああ、あのあと遅れてきたYが連れてきて、シルバーさんが
『プールが恐かったんだな』っていってた。」って。

Yちゃんはトキオと同じ6年生
とっても美人のモデルさんみたいな(実際モデルandタレン
ト)子で、すっかりお姉さんとして小さい子の世話を自然としてく
れることも嬉しい。


殺伐とした世の中。
家の地域は、少なくとも今、こうして助け合ってるんだなぁと思う
と胸の熱くなる一日でした。

|

夏休みの工作

夏休みの工作
じゃーん。
手抜き作品 表装が見所

|

2012年8月27日 (月)

いよいよ最後

いよいよ最後
まさかの、あっという間の6年生。
これで、学校プールは最後なんだなぁぁ...と思って記念撮影。
やつら、泳いでる。

どこかわかるかな?(笑)

|

2012年8月24日 (金)

アベンジャーズ予告で予想

アベンジャーズの予告編がテレビで流れる。
私はアメコミとかほとんど興味がないのでスパイダーマンやバットマンぐらいしかぴんと来ないので、グリーンジャイアントだとかアイアンマンだとか、歴代ヒーローが集結して悪に立ち向かうというその映画を、特に気にも留めていなかった。
そんなある晩やはり流れてきたCMを見て、旦那が「すごいね。こんなにヒーローが出るんだから、絶対勝って決まってるね」と言ったのに対し、
「それがみんなヒーローだからまとまりが付かなくなっちゃうという落とし穴があるんだよ」
と、トキオが返したので驚いた。

トキオも特に予備知識があったわけでは無いのに、ちょっと驚いた。
いや、かなり驚いた。やっぱ向いてるよ、トキオ。

|

2012年8月18日 (土)

戦略保護者会

話しは前後するが、私は先日塾で開かれた、合格に向けての戦略保護者会みたいなのがあって欠席していた。合格の戦略を練るテクニックを伝授する会らしい。
後でトキオがいただいてきたプリントの内容は、メインの志望校を軸にした併願校の選び方が具体例とともに書かれていた。

その受験数にびっくり。今時は八校も九校も受けるらしい。
私はあきれかえった。
だって行きたい学校があるから受験するものだと思っていたが、今はそうではないのだ。
人にはそれぞれあるから、”東大に入る学校”に行きたいと思うのもその人の立派な目標だと思う。
しかしそれに向けて”戦略”が先立ち、本来の子供が持つであろう黄金の時期を見失ってしまっていいのだろうか。それに踊らされる保護者達には嫌悪感さえ感じる・・

でも、それも私の考えに過ぎず、こうして家の子がでは幸せな生活を送るのかと言えばそうとは限らない。オレオレ詐欺やジャンキーになってしまうのは、これこそ家の息子なのかもしれない。

いつでも親はベストを子供に与えているのは間違いないのに・・
どうしてこうも悩み深いのだろう

|

2012年8月17日 (金)

塾の選択

今日私は久しぶりに渋田で、友達の作品展や買い物をしなくてはいけないので、塾に相談に行けないと思ってたのだけど、予定外に用事がすべて早く終わったので、塾に立ち寄り相談をする。

ゆうべから考えた。
もし塾を辞めて、公立一本の塾にしたところでトキオは他に打ち込むものがあるわけではない。
バスケに戻っても、むいていないことは明らかだ。

今の塾を辞めたらきっと、ただ膨大に出来た時間を無駄にしてしまうのは眼に見えている。
競争心がもともとないから、模試をうけなかればなおさらマイペースで駄目だろう。
しかしだからといって、社会理科を受講しているうちはいつまで経っても今と同じで弱点克服にあてる時間がない。

二科目にしてみよう。
そして、公立向けの塾を足したらどうだろうか?

そう決めて相談しに行った。

最初は先生も、社会理科を辞めたら
直接テストはなくとも、トキオだけ知識がないと関連する問題でとまどってしまうとか、学校にかりにはいってからこまるとか・・そんな説得をした。

しかし、公立一貫校は暗記の必要がない。
これを正しい勉強法かといわれればいいとはいわないけれど、トキオは今勉強に集中できないのだから、できるだけ無駄を取り除き最小限の内容にしてやらないと、結局どれも駄目になる。
だいたい社会理科に関しては夏休みまでで覚えることは終わっているので、ここからやるのは記憶の定着だ。
受かってからついて行けるいけないは、受かってから考えること。

今そんなこと考えていても、入れなければ全く無意味で、月並みな説得内容を並べる塾に、きっぱり嫌気が差したとき、先生もそれを察したのだろう。
トキオに寄り添った話しに変わってきた。

理科社会は、このまま二科目にしてしまうと、試験もなくなるのでカリキュラムテストは二教科でも模試は四教科でうけたほうがいい。
それくらいしないと全く理科社会を忘れてしまうのは得策ではない。
もちろんコレのために、社会理科を勉強して臨む必要もない。

そして理科社会の空いた時間で、塾に来てくれれば、私の希望している公立の過去問と、計算、漢字、記述を「僕がみましょう」と言ってくださった。
なにより、母親ではやはり駄目だというのも察した上でのお申し出だった。子供は親だとどうしてもいうことを聞かない。それは今回私がよく実感したことだ。
先生の言うことなら素直に聞くんだよね・・・

そういうわけで、まだ最終的な内容は決まってないけど
ひとまず無駄なことをせず最小限の範囲で、弱点克服。
もちろん、一番の課題集中力や向上心の欠如を重点的にカバーしてもらうことになる。

これで様子を見たいと思う。

何より、親身に考えてくださる塾にも感謝。
今業界トップといわれている塾じゃなかったことが良かったのだと思う。
塾選びの際に考慮したことがここで発揮された。

|

2012年8月16日 (木)

決断と転換

温泉でリフレッシュした翌日は連休最後の日。
いよいよしかし開けてビックリ。
やってるといってた算数の計算問題、一行問題の基礎的な宿題が8月3日から全くやっていないと判明。

猛烈私の逆鱗に触れた!

いよいよ、この夏休みで受験の行方は決まったもんだ。
ここからラストスパートで、合格にむけた目鼻がついてかないようではもう無駄にやっていても意味はない。

もうトキオに受験はムリだと思った。
全然立ち向かう気力というか、精神力が足らない。

計算をするにしてもが弱く、ダラダラだらだら解く。だから、このお盆に一問に使う時間を決めて解く緊張感を持たせた学習法を強いてみた。
集中できていない。
昨日問題になった作文もそう。

逆に言えば弱点が明確になってきた。

このまま塾に通って四教科、私立受験の勉強をする意味も気力もトキオにはない。
もしや、両方いけるかもと思ったけれどこれでは、どちらも駄目になってしまうのは眼に見えている。


塾に私立向けの勉強を止めると言おう。

いっそ今の塾は辞めて、公立向けの土曜や長期休みの集中講義だけの塾もあるそれにしようか。

なにしろ今大きな転換期だ。





|

2012年8月14日 (火)

夏休みの感想文

お盆休み。まとめて遅れを取り戻す最後のチャンス

さて学校の夏休みの宿題。ご存知感想文があるわけですが、詩人あるいは作家の才能がトキオにはあると思っている私は感想文ぐらい簡単に書けると思っていた。
だのにびっくり。
まったく書けないんです。
全くですよ。

何をどうしていいのかわからない。
どうかいていいかわからないみたい(それさえわからない)。

思ったことを書けと言っても、文章の書き方にばかり拘り内容が伴わない。

大ピンチ!
なにより面倒くさがって、真剣に直そうという気持ちがないみたい。
もう困った。

そういうわけで、嫌がり抵抗する心で対抗してくるトキオを力ずくで押さえつけ
ようやく感想文が形になったのは七時間後。それでも出来上がっているわけではないけどこれ以上いってももう駄目だし・・・
じゃぁ、しょうがない。
あと2本。毎日1本ずつ書こうということになる。

翌日また宿題の計算など山積で約束の感想文が出来ないまま気分転換に、板橋の天然温泉に自転車でいってみることに。
で、さくっと入ってさくっと夕飯食べて帰ってくる予定だったのに5時間まで居られると知り、緊急作文。

感想文掻き上げて一風呂浴びようとのことばでトキオ大いに刺激した(笑)

チラシの裏に400字マスを私が作り原稿用紙にみたてて、臨時でもってたボールペンで書かせること一時間半。やれば出来るじゃん。

なんしろ、内容より何より、短時間で仕上げられなければ0点と同じなのだ。
それが全く分かっていない。

帰って作文用紙に清書したけど、その温泉で書いた下書きがないぞ・・
見つけてから写真はアップ

|

2012年8月12日 (日)

写経

写経
100均で写経セットを発見。
夏休みの課題にこれを。

こころを鎮め、
正しい姿勢で、正しく鉛筆を握る。
それだけ、しかし、それがななか難しい。
最初は、意味を考えながらとか言ってたけど、それどころか、正しい姿勢で正しく握り、丁寧に写すだけで字の映りが全然違うことを知り感動する。

勝手に書いた3行と、私のアドバイスを入れた、それ以降の行では鉛筆の黒さ、字のキレが違う。
トキオの目にも一目瞭然。

これこそ彼にいま必要なことだった。

疲れてくると、姿勢が悪くなり鉛筆も寝てしまう。ガリガリ写すだけの姿は、書道とは程遠く...
やはり、書道とは"道"なり。

しまいに、トキオなりに内容の意味を悟ったみたい。

これはすごくいい。すごくいいものと出会った。続けよう。

|

2012年8月 4日 (土)

魔除け

パパの携帯ナンバーは数が悪い。
歴史年号を覚えるときよくやるように、語呂合わせをすると「クロウシロ」。
そう。苦労しろ、となる。

だからといって、変えられるものでもなく、いやーな感じで使っているわけだが、今日塾にお迎えにきて欲しいと、言われて半ばイヤイヤお迎えにいった帰り道。トキオが急に言い出した。

「ねぇ、パパにフクロウのストラップあげたらいいよ」
ストラップなんて野暮ったいもの嫌いなんだけど、なんで?ときくと
「フクロウ、って不苦労ってなるじゃん?」
おおー、凄いぞ息子。
さすが詩人。

「でね、金箔が入ってる透明のがあるから、それなら金運も良くなるよ」

ありがとう、息子。そんな心配まで。かたじけない。

でもそんなの何処にあるの?
「修学旅行先の蓼科とか、那須とかでみたよ。売ってるよ」って。

いじましいじゃないか。(T_T)

探そう、それを。難しいけど...

探そう。

| | コメント (0)

2012年8月 2日 (木)

算数

受験期 算数の成績が上がらない。
センスの良いところもアルらしいのだけど、やはりつまずくのは計算力だと。
計算出来なきゃ、考え方が良くても何にもならない。

公文をやらせておけば良かったと凄く反省。
それで出来るようになったとは限らないけど・・。
小さいうちは自由にさせたいと思ったけど、
これでオリンピック選手になるとか、音楽家になるとか、そういう英才教育をしなくてはいけないことがあったわけではないので、同時にやらせるべきだった。

とくにバスケも向いていないのは分かってたので、それ以外の時間の使い方を覚えるためにも。

結局、好きにさせて上げたくてルーズにしすぎた。
ここでまた放置したら、これからもっと「あのときやっておけば」と後悔すると思う。

今急にそんなこと思った・・

|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »