« 作家トキオ誕生 | トップページ | つれづれメモ »

2012年2月 4日 (土)

カメラマンデビュー

昨日、ずっと購入を悩んでいたiPADの購入をきっぱり諦めることにしたと、とトキオがいいだした。

かわりに、カメラが欲しいというのだ。
以前、獅子座流星群を探しにいった時、夜中なのに多摩川に一羽の鷺のようなものが水浴びをする光景に遭遇した。、
その時のことを急にいいだした。
「おれ、ああいう写真を取りたいんだ。だからいいカメラが欲しい。カメラ買う。ああ、いままでお金使わないでためててよかった」
と、一気に夢が広がってあげく脳内で決定してしまったようだった。

クリスマス年末年始誕生日、と、トキオにとって怒涛のプレゼントラッシュをぐっとこらえてiPadを買うため、お金をプールしてきた。

いよいよ買うだんになったら、私のノート買い替えの、型落ちが期せずして手に入り、私の古いアイポンもすでにWi-Fiで使ってるもんだから、果たしてiPadはいるのか?
という疑問が湧いてきたようである。
もっともな疑問だ。

そして、迷ってるうちに、新たな野望を胸した。
最近、ネイチャーもののドキュメンタリーにはまっているのも拍車をかけたに違いない。
まあ、あんなすごいもの自分も撮りたくなったんだろう。
さっそく、きょうビックカメラに。

とうぜん、本当の一眼なんて小5にはムリムリ。
せいぜいヤフオクか、私の古いが素晴らしい紙焼きの一眼を使うべきだ。
どうせ、すぐ飽きるだろうしね。

んで、まぁ、とにかく、夕べネットでニコンのDシリーズにあたりをつけて、実物を見にいく。

やはりしかし、いや、当然。モノを手にしてでかすぎることで早々腰が引けてる。
でしょ?でしょ?無理でしょ、って、私は勝ち誇る。

念のため店員さんに最近の一番小さな一眼はどれ?
と、きいてみると待ってましたとばかりに「ミラーレスですが」なんていいながらオリンパスのペンEを。

きゃー本当に小さい!
カバンにポンと‼

しかしあれはなんだね。
なんか、頼りない気がしてしまう。初心者が最初に持つカメラじゃないよな、と私が勝手に却下。

もちろんトキオは欲しい欲しいと、しかしなぜかその隣のペンタックスのライバル商品のまえで動かない。
なんか、ペンEじゃないあたりが、かれなりのこだわりを感じるのだが、なんしろこんな軽々しく7万以上するものをポンと買うわけにはいかない。

トキオも諦めて、帰ろうとした時、あるコーナーが目に付いた。

「お子さんの入学式を取るなら!」望遠も接写もこれ一台

て。

あたしなんか、普通の小型のデジカメで充分ではないか?とおもうが、世間はそうではないらしい。
ほんとの一眼は敷居が高いけど、普通のよりちょっとよく撮りたいと思うものなのだろう。

お陰でトキオに道が開けた。

トキちゃん、これならレンズ一々変えなくても望遠も取れるよ。小さいし、るん。

と、勧めると、さっそくカメラを握り込んですっかり意思決定のトキオ。値段も驚愕2万円以下!
一眼でやりたいことはほとんどできて、初心者にはもってこい!
デシカメだから焼きたいものだけ焼けばいいし。
ううーん、最高。

一応いろいろ説明してもらい、トキオは説明なんか聞くまえから即決していた富士フィルムのFINEPIXS4000をげっと!
すごいよ、倍率30.接写2センチ。
これ別に普通みたいだから、まったく最近のものは本当にすごいですなあ...浦島かと。

そうそう、年末年始ようやく昭和が香る上が冷凍庫の2枚ドアの冷蔵庫とアナログブラウン管テレビを"壊れたから"買い換えたばかり。
テレビの薄さと綺麗さに家族揃って魅了されまくってるさなかに、またこの素敵なカメラ。

どうかしちゃったんじゃない?我が家?!

で、とにかく買ってきたカメラで、自己流にさっさといろいろためしてるんだけど、接写のしかたと夜間にシャッタースピードの違いを教えてやったらびっくりしてたぜ!へへっ!!

小さな鎌倉大仏置物を接写して大きく見せるトリック写真とかいろいろ試しているうちに、またウルトラマンを持ってきて、いくつかトリック写真や連写など楽しんでいるので、こんないたずらばかりで飽きちゃうのかな、なんて思ってみてた。

いよいよ遅くなって寝る時間だし終わりにしようということで、渋々かたずけ。
最後に、今日とった写真を一枚ずつ消し始めた。

え?!
記念の最初の写真なのに、モッタイナイじゃん、とっといたらいいのに!
と、おしがるわたしにトキオは

「おれ、自然の写真これでたくさん撮ろうとおもってるんだ。だから一杯になっちゃうと困るでしょ。これなら鎌倉でリスもとれるよ」

だって。
すごい、大人になったなぁ、と感心したよ。

あたしも久しぶりにカメラいじって楽しかった。
また、やろうかね。

1328366240567.jpg

|

« 作家トキオ誕生 | トップページ | つれづれメモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作家トキオ誕生 | トップページ | つれづれメモ »