« 俳人 トキオ | トップページ | 音楽会 »

2011年11月25日 (金)

文学少年 トキオ

国語の教材で最近文学者や文学作品についてふれることがおおく興味をもっているトキオ。
太宰治がでれば太宰治に傾倒し、大江健三郎と言えば大江健三郎に興味を持つ。

芥川龍之介のはなしになって、私は太宰は読んだことがないけど芥川龍之介や谷崎潤一郎は大好きだというと何が好きかと聞くから正直に芥川なら芋虫、谷崎なら痴人の愛、と答えたが
やっぱり子供にはちょっと酷なので芥川の「白」に訂正。

「おれまだ途中までしか読んでないんだよ。杜子春はこないだよんで最後泣きそうになっちゃった・・」

 いままであまり自分から話さなかったのに、いろいろ話しが盛り上がるので私も答えようと必死(笑)
杜子春なんて内容わすれちゃったから、いそいで読み返す。

うう、トキオちゃん。
コレは!
お母さん馬が拷問されるシーンね、きっと。
ああ、優しいのねトキオちゃん。

どうしよう。
そろそろ楳図かずおかなぁ・・はまっちゃったら大変だから中学になってからかなぁ・・
なにからにしよう。洗礼? いやいや漂流教室だ!

|

« 俳人 トキオ | トップページ | 音楽会 »