« 今日から二学期 | トップページ | ローラディスコ »

2011年8月31日 (水)

時間の感覚

勉強していて、1番の致命的なのは時間の意識がないということ。
こんなことに、気がつかなかった!
時間の感覚が無くて、試験時間中に終わらなければたとえ問題が解けたとしても不合格だ。
そういえば、美大受験希望者の絵を見てるとき、どうしても時間の感覚を持てない子がいた。
書き込みが足らなくても構わない、しかし時間無いに出されているモチーフが全部かけていないと駄目だというのに、どうしてもモチーフの描ききれない子だった。

トキオに話しは戻るが、大量の宿題を、出来ると言い張ることしばし。
当然できない。

2時間に5ページやるなら、1ページ何分かという配分ができてない。

何度いっても分からない。

どうして分からないのか分からなかった。

しかし、わかった。
かよこばあさんがいってたのはこのことだ!
訓練してないんだ!!

かよこばあさんは、英才教育のエキスパートでテレビによく登場する。

私はかよこばあちゃんの教えを全面的に支持しているが、一つだけ意味がわからないものがあった。

何時までにやめましょうね、
何時までに方ずけましょうね、
という具合に時間の感覚を身につけること、という教えだ。

へぇー、べつにいいじゃんねぇ・・っとこれだけは、意味が分からなかった。

しかし今分かった。小さい頃からたいせつなことだったのだ。


私は多分、この感覚を付属中高の間に養ったのだと思う。
毎週寝ないで1枚の作品を仕上げた。センセイに「時間に仕上げる訓練です。締め切りを守ることがどれほどたいせつなことか・・うんぬん」と仕込まれ、そのお陰でその後締めきりのある仕事に直面する度、私はペース配分をし楽勝だった


そうか、では、創作で養えるのか。
いあy、しかしトキオはいま美術系ではないわけで・・

ぬおー! 時間内にやる訓練!

|

« 今日から二学期 | トップページ | ローラディスコ »