« そろそろ春ですね | トップページ | 音楽プロデューサーかっ! »

2009年4月29日 (水)

グルメレポーターかよっ!

お友達のママが、ご開帳最中の善光寺に行ってきたそうで、お土産にお麩をくれた。
卵ボーロみたいなんだけど、その10倍くらいの・・いや20倍くらいの大きさのボーロだと思ってほしい。
そんな大きなお麩を一袋をいただいた。

トキオはお麩が大好きである。
2才頃だったろうか。
旦那の実家に遊びに行くと、一直線にお麩の入っている戸棚を目指す。
缶から出してひとしきり食べ、「よし」といって戻ってくるらしい。
私の父は、トキオがお麩をぽくぽく食べるので「おまえ、鯉みたいなやつだなぁ」っと言ってたもんだ。

最近ではそんなこともあまりなく、久しぶりのお麩にトキオは滅法よろこんだ。
頂いた帰り道、我慢し切れず食べる。

「おお!
すごいよ、美味しいよ!」
目を見開きお麩を握りしめる。

トキオ曰く、「これは珍しいお麩で、中は柔らかいのに外は堅い。
それはつまり汁に入れてもぐずぐずにならない、特別なお麩なのだ!」
いつまでも深く感心しながら、次のお麩を口に運ぶ。

むー、確かに美味しいお麩でしたが、そうですか。
そんなにまで珍しいお麩なのですか・・

とにかく、お麩をくれた93ちゃん、ありがとう(^_^)

|

« そろそろ春ですね | トップページ | 音楽プロデューサーかっ! »