« たまひよbefa! | トップページ | そろそろ春ですね »

2009年4月16日 (木)

優しさの連鎖

すみません。
今回のろけというか、親ばか炸裂です

唐突ですが、
たまにいく八百屋でタバスコをかった。
自転車で帰路につくなか、「あれ?前回も買ったかも?」という記憶が去来する。
するとトキオ
「お金が無くて買うのやめたじゃん」
と、いう。

ええ?!
よーく考えてみるとそうかもしれない。
たしかお金が足りなかったのでカゴから戻した事がある。
でも、それがタバスコだったとは思い出せない。

「どうして、覚えてるの?」
「覚えてるよ。それくらい。」
ショックだった。やっぱり物忘れが進んでいる。
嗚呼、ショック。

トキオはそこでショックの様を感じ取ったのか
「でもトキちゃんだって他に何をやめたのか覚えてないよ」
さらには
「大丈夫だよ、誰にでも忘れることはあるものだよ」
と私を慰める。

過剰でなくさらりと慰め、しかもしめっぽくない。
なんという、バランスの良い子!
しかも優しい・・(T-T)

その数日後。
朝、間違えて1時間早く飛び起きて、トキオをおこしてしまった。
すると寝ぼけ眼で「大丈夫だよ。間違えることはだれにでもあるものだよ」
っと呟きながらまた眠りに。

私なら激怒する。
なのに、トキオは穏やかに私を慰めてくれた。
そんなよい子で単純に嬉しいけれど、何より感じたことは、
そんな優しい子にはやはり優しくしてあげようと思うようになった。

いつもなら「ほらぁ、起きなさいよ!何やってんノよ@!!」
ッと怒鳴りつけるところも、「おきな。ほら、ときちゃん」っと優しくおこしてさし上げる。

そう。
人は、人に親切にすると自分も親切にして貰えるのだ。
同じく人を愛する人間は多くの人にも愛される。
断っておきますが、無宗教ですから。

そんな人間にそだって欲しいものですな。

|

« たまひよbefa! | トップページ | そろそろ春ですね »