« クリこど歯磨き粉 | トップページ | 漢字検定 »

2009年3月 7日 (土)

自分を褒める

一日一善とはいっても、いわゆる良い行いを一日一度しましょうという行いとはちょっと違う
これは自分自身がよくなるために自分が行った良いことをさす。

なんかよくわからないけど、里田まいが以前テレビでいっていたのだ。
「1日に最低でも1つは思い出して、寝る前に自分で自分を褒めるようにしています。」
それを聞いた番組に出演していたほかのタレント達は「何何?昨日だったら何よ?」と大盛り上がり。
「ん?たとえば昨日なら『ご飯を残さず食べた』」
会場内大爆笑
私もわらった。そんなレベルでいいのかと。

しかししばらくそのことが心の中にあり、自分自身が生活面で荒れていて、このままで病気になってしまう、しかも無気力状態で時間を浪費。
もう廃人だ!なんとか立ち直らなければ・・でも、こんなダラダラから抜け出せない。
なんていうときに、この里田まいの言葉が蘇った。

そうだ!自分は駄目駄目と、否定ばかりしていてはだめだ!!
自分を褒めよう。里田まいは正しかった!!

そう思い立った。
一日目は何も思い浮かばない・・
やっぱそうとう病んでいる。
そういうわけで、翌日から家族を巻き込む。
「今日はなにか良いことをした?」
旦那は「うん。全部良いこと」
ふん。
トキオは少し考えて
「うーん。E太郎にやられてやり返してやった!」
よし。
そうだ、そうだ、これは家族のコミュニケーションにも繋がるぞ。

最初の数日は少し悩んだり、要領が掴めなかったりしたけど、でもやがてだんだん慣れてきて、寝る前に思い出すまでもなく、その時に「お、これはいいことかも?」っと意識するようになった。
息子も的確
自分のやっていることが良いことだと意識しだした。
「テキパキ帰りの準備をして、傘を忘れなかった」
「朝早く起きて洗濯をした」
合い言葉のようにすらすらと言い合う私達。

やってみて、これってもしかしてすごく良いことなぁっっと思う。
子供は大いにしかり、同時に1日3回は褒めろというようなことを和田秀樹先生はいっていた。
これなら褒めてやるより、もっといいのではないだろうか。
一緒に良いところ探して、本人も何故良いのか考えるのだから。

そんな良い発見をした今日この頃。
今年の春は早そうですね。
給付金支給が決まりましたが、決まった以上は貰う・使う

今年も沖縄行きたいな(^_^)

|

« クリこど歯磨き粉 | トップページ | 漢字検定 »