« 夏休み 自由研究 | トップページ | 子供世界 »

2008年9月10日 (水)

手作りの愛と価値

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/brain_research/

Yahoo!ニュース9/9
 『脳を鍛える大人のDSトレーニング』(任天堂)シリーズでおなじみの、東北大学・川島隆太教授が9日(火)、森永製菓との共同研究「親子のコミュニケーションにおけるホットケーキ調理の可能性」の研究発表会を行った。同研究によると親子で料理をする事で、子供の“前頭前野(ぜんとうぜんや)”が刺激され、活性化するほか、親子のコミュニケーションが促進されることで、不安軽減や非行的行動の軽減につながったという。

やはり。
以上はネットニュースからの抜粋ですが、私は小さい頃からトキオとお料理やお菓子作りをしてきたことはすでにここにも記載済みだ。

今日もトキオとTOKIOの作っていた豆板醤を作ってみた。

子供の教育に自身がついてきたわ。

あとはやはり写真撮りをやらせることも非常に有効だと思う。
ああ、なんかこういう論文書いて発表したい気分だわ。

まったく畑違いでどこに出して良いかも判らないけど(笑)

ところで、最近毎朝パパがトキオに百マス計算を出題しておいておき、それをやる習慣がついてきた。
ぐちゃぐちゃ言わずに、自分で時間を計りながらさっとやる。
やはり手作り問題だからなのか。
ふん、百マスの用紙は私がパソコンでまとめてプリントしたんだから。

有名私立幼稚園は手作りバッグじゃないと駄目、といわれているけど、その必要性はあながち小さくはないということだな。
そうそう、お母さんの手作り弁当とか・・きついわぁ・・・

豆板醤辛すぎたなぁ・・

|

« 夏休み 自由研究 | トップページ | 子供世界 »