« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月29日 (金)

記録的豪雨続き

夏休みの宿題の一つ。
「自由研究」として、今年はトキオは写真集を作ることに決めた。
デジカメを欲しがった物だから、古いものだがレンズの経口の大きい写りの良いものを差し上げた。

もらって数日間は喜んでいろんなものを撮影していた。
これらをまとめて写真集にしようと決めた。

プリントアウトだけなら簡単にできると今日まで放置していたトキオ。
正直いって、トリミングしたり、やり始めればレタッチをしたくなったりするだろうと睨んでいたが、予想通りの展開で、何より最高の画質でプリントするにはもうのすごく時間がかかることを知り茫然。
「あの、そんなにいい画質じゃなくていいから」とか明日じゃ駄目かとか、もう五月蠅くてしょうがない。
首根っこ掴むようにしてやっと座って作業を進めるも、途中でドラえもんが始まったりお腹が空いて落ち着かなくなったり、もう腹立たしい。

しかしやっと作業のメドがたつころゴロゴロ地響きと共に雷の音が。
いつにもまして酷い雷だ。まだ雨は降ってない。
それから急いで仕事を終わらせたころ、とうとう雨が降り始めた。
今ならまだ少し濡れるだけで済むかも知れない、がんばれトキオ。

土砂降りの中自転車で走る私達。
すると向こうから、見るからにすごいスピードで立ちこぎしてくる大人の自転車。
滑って突っ込まれたりしたら多分本当に死ぬ。
私の後ろを走るトキオに気が付かなくてもキケンだ。
そう思い、土砂降りに負けぬよう大きな声で「気をつけて!!」と叫びながら振り向きトキオに声をかける。
すると、その男がすれ違いざまに
「はい!」
って(笑)。

知らない大人にすれ違いざま「気をつけて!」と応援したのか、私は?

トキオと二人笑ってしまった。

「でも、雨が強くて滑ったら危ないから『気をつけて!』って、言ったとしたらいいことじゃない?」

と、笑いながらいうトキオは随分大人びていて、ちょっとドキッとした。

もうすぐトキオの”子供の時間”は終わってしまうのかな

|

夏休みの最期にヒッキー

先週末、毎年恒例・怒濤の御岳旅行が決行された。
初めて雨の旅行で不安を抱える幹事をよそに、私たちは大変楽しませていただいた訳ですが。恒例のマス掴みをやまめ釣りに変更して貰ったり、凄くお手数をおかけしながらも子供には楽しさ満載の旅をコーディネイトしていただいた。

ところがトキオはどうやら風邪をひいてしまったようで、月・火は熱を出しながらも学童クラブで遊んだり元気にしていたのですが、火曜の夜からとうとう床に伏す。

それからですよ。
昼は熱が結構下がっているのだけれど、夜は38度、咳が続くというような状態。
私は仕事に行かなくてはいけないので、このような中途半端な病状では休むわけにはいかない。

そこでトキオを置いて出かけることに。
最初は何時に帰ってきてくれる?だの怖いだの言っていたものの、私が消えてしまえば実は伸び伸びと居心地が良いことに気が付いてしまったようだ。

水曜日は昼に電話で様子を聞くと「網戸にセミがとまっているのでそれを捕ろうとおもっているところだ」という。
私の部屋側で、窓のガードもなければベランダでもないところ。
9階から身を乗り出して真っ逆さま、という事故が容易に想像出来る。
私の椅子は回転椅子なので、それに立って身を乗り出す・・嗚呼、怖い。

慌てて辞めさせて様子を見に行ったけど、あとは特に問題もなく4時に帰宅したときにもケロっとしていた。

翌日はまた「今日も家にいる」という。
昨日は4時だったけど5時でも大丈夫だよ、と自信満々。

そして本日もまた
私のいない間ゲームしたりDVDを見たり、漫画見たり。
もうこの世の楽園を楽しんでいるようだ。
一歩も外に出ず、息子は本当にオタクでヒッキーになってしまった・・

夏休みの最期、とうとうトキオは気が付いてしまったのだ本当の自分に

|

2008年8月21日 (木)

夏休み大詰め

いよいよ、夏休みが大詰めを迎えています。
今週末には最大のイベント、毎年恒例となりました1泊2日・御岳山ツアー。
天気が気になるところではあります。

毎日私と一緒に出勤し、多少のお勉強をした後、学校の校庭開放に行く息子。
遅めに朝会社に向かうとき、エレベーターにのるとき、隣のトキオの通った保育園を見下ろし優越感に浸る。
「ねぇねぇ、保育園って夏休み無いんだよね。トキちゃんは夏休みダー」
っと幸せを噛みしめる。
しかし、サンシャイン60を通って通勤するさなか。それはもちろん夏休み中の観光地であり、老若男女がうようよひしめく。
それを見て気が付いたトキオ。
「ねぇねぇ。あの子、絶対小学生より小さいと思うんだけどなんでいるの?」
むー。良いところに気が付いた。
「トキちゃん。あのね、この世には保育園の他に幼稚園というものがあってね。
幼稚園には夏休みがあるんだよ・・」
告白する母に、奈落の底に突き落とされる息子。

「あ゛ーーーー。どうしてトキちゃんを幼稚園に入れてくれなかったのーーー!!!」

真剣に殴りかかってきた息子。
すまん・・

こんな感じですっかりだらだらと”遅起き”化しているわけですが。
今朝、まただらだらと布団のなかで目覚めたトキオ。
当然隣にはまだ私がうとうとしている。
そこで気が付いた。
私の履いている寝間着代わりの短パンがなんと”裏返し”!

「ママぁ、大変!! これ裏返しだよ!」と衝撃を受けている。
ふふ・・。青いのぅ、坊主。
「いいの、いいの。こういうもんよ」
まぁ、相変わらず適当に答えると、誇らしげな笑顔を浮かべ

「『いやー、恥ずかしいぃー』とか、『止めてぇ、止めてぇ』とか言わないところがママの良いところだよね。」

むー。それは良いところなのか?
偉いぞ息子。

|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »