« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月20日 (日)

花火

夏と言えば花火。
夏休みになって直ぐにあるのは関東では山下公園の花火だった。
パパと何度も最初の花火を楽しんだ想い出の花火。

今年は最初の花火大会ではなかったけれど、でも今日は山下公園の花火。
折角の夏気分を味わいたくてどうしても行きたかった。
実家からの帰り道、突然私が花火を見たいとトキオにだだをこねると、眠くなっていたにもかかわらず行こうと言ってくれたトキオ。
首都高にのり横浜を目指す。
40分で大黒埠頭に。

街に降りてもきっとビルやら渋滞やらでロクに花火が見れないことを懸念して
大黒パーキングに泊まり花火を探すと・・
結構見れたのでトキオも喜んで、来られなかったパパの為に沢山携帯で写真をトキオは録りまくった。

花火を見ながらアイス食べようという約束は果たせなかったけど、でもすごく楽しかったと喜んでくれた。

私もすごく楽しかった。
ありがとう、トキオ

|

2008年7月19日 (土)

いよいよ梅雨明け 夏休み

今年は暑いですね。でも雨ばかりでした。
こういう年は猛暑が続くらしいですな。
同じく猛暑だった12年まえにそっくりな感じらしいですね。

さて、折角始めたバスケも、ドラえもんがみれなくなるからだとか、夏休み中も続くからと止めたがる、本当にヘタレな息子。
しかし夏休みは1ヶ月お休みであることを知り止めることはひとまず思いとどまる。よかったね。

さて、その夏休み前の最後の日。通知票を貰う日である。

「才能発表会」と呼ばれる希望者による一芸発表会があった。
皆ピアノやバレエや、テニスや・・日頃の習い事を披露する。

それに向けてトキオはウクレレを練習していた。
当日朝、「最後にポロロンって忘れないようにね」なんて置き手紙のパパに激励を受けて、たくましくウクレレを背負って登校したむすこ。

帰り時間に外まで様子を見に行くと、両手に道具箱やら体育着やら大荷物と共にウクレレを落とさないようにやっともちながら、まるで荷物に引きずられる様にヤツは帰ってきた。
そのボロボロな姿をみて
「あぁあ、上手く行かなかったかなぁ」なんて、ちょっと同情。

一応「どうだった?」とさらりと聞くと、顔を曇らせ
「2曲目を弾こうとしたら、アンコールってみんなが言って・・アンコールになっちゃったんだよ」って、よく分からない嘆き(笑)
それは喜んでいいんじゃないの?って大人は思う。すごいじゃん。

アンコールが終わってまたアンコールがかかって・・もうネタが無いので
「練習中ですのでまた次回に。」といって終わらせたと、あとでパパに言ってたらしい。

ところで、演奏楽曲はメリーさんの羊とドレミのうた(笑)

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »