« 断DS | トップページ | 仲間 »

2008年4月27日 (日)

節約への道

私の実家に遊びに行く。
お天気も良かったので久しぶりに電車で出かけようかと。
途中でお昼ご飯用にパンを買ってきて!と実家から指令が来る。

財布を見るとがーん1000円・・
仕方がない、お金をおろそう。みずほ銀行じゃ。
ATMの前に立ちまたまたがーん。
なんと手数料105円!
世の中節約モードのなか、何故自分の預金を下ろすのに105円も払わなくてはならないのかっ!!
くーーー。
自宅には現金をキープしている私。
財布にそこから1万円でも入れておけばこんなことにはならなかったのに・・・
しかし家に戻ってお金を取ってくるのも面倒くさい。
ああ、戻るも地獄、進むも地獄。
ATMの前で地団駄を踏む私。

そんな私にトキオは
「どうしたの?」と聞くけれど、どのように説明すればよいのか。
「悔しー、手数料取られた」
とだけ繰り返す私に
「何がどうしたの?その仕組みを教えて」
って理論的な質問をするじゃないか。
では説明しよう。
「土曜のこの時間はお金下ろすと手数料、っていって105円取られちゃうんだよ」というと反応するトキオ。
105円がなんたる価値なのかピカチュウの食玩を欲しがるトキオにはその重さがいかほどかよく判ったことだろう。
たたみかけるように「しかもお家にはお金があったのにぃ!」と訴えた私に
「それは悔しいよ。すごく悔しいよ」
偉いぞトキオ。そうさ、悔しいよ、105円。
二人はどの痛みを共有しながら西武線へと向かった。

さて、西武線の券売機。
トキオは自分でどこまでだか、いくらだか見て自分で買うというので口を出さずに見ていた。
数日前パパと恐竜展に行ったときに刺激されたらしい。
正しく行き先と料金を見極め、子供はその半分をたどたどしくも割り出して正しく件を買うことに成功。
やったぁー(ヒロ・ナカムラ風)

パパに言っておいてね、ちゃんと自分で買ったって言ってね。
ずっと、それを気にしながらトキオだけ実家にこの日お泊まり。

翌日お迎えに今度は車で行く。
帰りに道半分くらいガソリンが無くなっていたことに気が付く。
もうすぐ値上がりが言われていたから、満タンにしておいてもいいかもしれない。
しかし、いつも入れていたスタンドはセルフになっている。
私はまだセルフで入れたことがない。
ちょっと躊躇っているとトキオは入れろという。
なんかトキオと一緒なら新しいこと経験しても楽しいかも、そんな気持ちでセルフのスタンドに入れてみた。

な、なんなんだ。えええ?ただホース突っ込んだだけじゃ駄目なの?
なんか機械が言ってる。現金かカードか?ガソリンの種類?
なんとかガイダンスに従い、ホースが届かないとか、なんだとかすったもんだの挙げ句やっと給油が始まる。
しかし程なくガクッっと給油が止まった。
あんまり入らなかったのね・・と思いつつ他の人に従っておつりのマシンに行っておつりを貰い出発進行。

・・・メーターを見てがっくり。
入ってないじゃん・・とほほ
何故かほんの数リッターしか入らずガソリンスタンドを後にした私たち。
トキオは「初めてなんだから聞かなきゃ。ちょっと聞けばイイだけじゃない。なんでも判らなかったら聞かなきゃ駄目だよ。」
説教なのか?
最もだと思うけど、判ると思ったんだもん。

節約への道は遠い

|

« 断DS | トップページ | 仲間 »