« さよなら6才 | トップページ | »

2008年1月31日 (木)

発明少年か?!

本日は給食試食会。
学校でトキオさんのとなりに座り、同じ給食を食べさて頂きました。
もーう、手が込んでいるし、食材は豊富だし、美味しいし!
本当に感謝感激で、多少家で食べなくても大丈夫か、っと安心したほどです。
トキオさんの気の利いた給仕で美味しく頂きました。

さて、そのトキオさん。
先日テレビをみていていきなり
「良いこと考えたよ!」と。
「車の前と後ろに強力な磁石をつければいいんだよ」
力が入って、身振り手振りで一生懸命その発明を私に伝えようとしているから、私もちょっと真剣に聞いてみた。
「そしたら磁石が反発する力を利用して、ぶつかる直前にバーンってはじき返すようにしたらぶつからないよ!ぶつからない車が出来るよ!!」
って。まぁ真剣だから一応「すごいねー」と褒めてやる。
だけど彼は気づいてしまった。
「あー、でも反対に走ったら逆に吸い付いて酷いことになるよ」
そうか。磁石の特性によく気が付いた。

最近なんかちょくちょくそんな発明をひとりで考えついているようで。
実現できないような発明を、ママは笑うつもりはない。
がんばれトキオ!

話は変わって、買う物をメモしようと、そこらへんの紙辺を拾って使用。
買い物終了後、メモを捨てようと裏をみると、なんと古いメモ書きが。

机に積んだビデオがだーっと崩れた時のことだ。
近くにたってたトキオが「トキちゃんが抑えてあげればよかった。そしたらママは落とさなくて済んだのに」といって泣いたいたときの事を書いたメモだ。
しかし肝心な日付がないのでいつのことだか判らない(笑)
3才くらいのことかなぁ・・

給食試食会でもかいがいしく、ママの牛乳のフタを取ってくれたり、オカワリを気遣ってくれたり。
本当に優しい子に育ってくれてママ嬉しい。

そうそう、始まる前の井戸端会議の時
「トキちゃん、3人くらいで1人の子を虐めていたら
『やめろ』って止めに入ったんだってよ。偉いねー」
って褒めてくれたお母さんがいたよ。
その時の状況にも、顔ぶれにも、雰囲気にもよるから、そんなに立派な話ではないだろうけど、思いも寄らない良い話に、やっぱりママは嬉しかった。

今日はそんな気持ちで、嬉しい一日でした。

|

« さよなら6才 | トップページ | »