« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

自由な時間

ただ今ノバ中。その隙を狙いお茶。この自由な時間が大事なのだが、ノバ仲間の母に検出されないかちょっとおびえつつ(笑)。

先ほど、久しぶりにトキオの産まれ仲間(産院同じで出産時期も同じの奇遇な仲間=おしり屋)のママとランチ。小学校入学を目前にお互い揺れる心(?)を吐き出すも、時間が足らなーいとぼやきながら分かれる。しかしこの人とはお互い会う度に新しい発見がある。不思議。

この数日、結構私好きにやっていた。しかし風邪です。昨日会社休んで医者行く。

土曜はこれまた不思議な縁のソウルメイトと映画「白痴」を鑑賞。月曜は批評家中田耕治氏とだだ飲み。
この後変態同級生達との白熱の飲みやちょっとマジな会等が控えている。

|

2006年11月24日 (金)

いきなり作る ロールケーキ

いきなり作る ロールケーキ

昨夜急にプーさんのクッキングブックからロールケーキを作るというので、もうおそいからだめだといって我慢させる。代わりに本日保育園から帰宅後制作にかかる。相変わらず私に怒鳴られながら、目を盗んでつまみ食いしながら、なんとか完成。

|

2006年11月22日 (水)

ホームパーティー

昨日は4月から通う小学校の検診。100人位が入学するらしい。簡単な発育検査の後、知能検査。子供だけ集められ、控え室に戻って来たときどの子も緊張した面もちで、こうして自覚が芽生えるのだなぁと思う。私に抱きついてきたトキオは「頭が痛い(T T)」って。その程度のテストで頭痛くなるのか!馬鹿めっ。しかし部屋から出るときには「あれが勉強っていうのかぁ」と、少しお兄さんの面構えに。そのあと、大変な高級高層マンションにすむお友達のお宅にある共有ラウンジでプチパーティーを催していただく。パーティーに理由はない。
10人の子供で大騒ぎ。
怒鳴りっぱなして本日喉が壊れた。
素敵なラウンジの夜景に、うっとりして写真ん忘れる。

|

2006年11月17日 (金)

七五三 余波

先週、七五三の写真を撮りに行った。
しかし。
息子は脱ぐのをいやがった。
その後、町で七五三姿の子供を見かけると「いいなぁ」っと言ってじーーっと目で追う。

そこでかねてから「七五三には衣装を貸してあげるわ」っと言ってくだっていた母の友人から、この目立ちたがりの息子のために着物一式お借りすることにした。

保育園から帰って直ぐに来たがって、突然正座しだし目の前に小さな箱を置く。
「今から焼肉をします」
といって、オカリナを肉に見立てて、鉄琴のバチを箸に肉を焼き始めた。

どおうやら、写真撮影の後隣の牛角で私の両親姉妹と食事したときも、着物で食べたかったという思いがあったようで。
その果たされなかった思いを今晴らしたようだ。
20061117003_1 20061117004_1

|

2006年11月12日 (日)

至福のトキ

至福のトキ

数時間は帰れない

この後買ったばかりのマグマ大使を店から出て直ぐになくしてしまった・・

|

ありがとう

今日はとても嬉しいことがありました。
七五三の撮影の後、実家に寄ってお茶。その間私は買い物にでる。
戻ると小さな箱に食べかけのどら焼きがティッシュにくるんである。
何だろうとは思っていたのだけど、しばらくしてから思い出したようにトキオが
「はい」といって私にくれた。小さな欠片をパパと半分にして、といって。
美味しいどら焼きを、私にも食べさせたいと思ってとっておいてくれたのだ。
その気持ちがとても嬉しかった。

こんな小さな出来事だけど
いつか忘れてしまわないように・・

|

2006年11月11日 (土)

七五三

そして今日は七五三の撮影に実家近くのスタジオアリスという写真スタジオにいく。
安いし、なにより何着着替えても追加料金なしということで。あくまで、買った(プリントした)枚数が課金対象となるらしい。
しかし・・・以下自粛

んて。
袴でりりしいぼっちゃまでした。

|

5日の日曜

5日の日曜日。上野の動物園にいく。クラスのお友達と。疲れて帰宅するも、まだDVDだのいっているので、とうとう私はキレた。トキオのDVDを全て玄関から投げ捨てた。泣きわめくトキオ。もう、DVD中毒なのだから、もとのトキちゃんにもどるまで、DVDはだめー!といってキチガイのようにいかり狂う。
当然DVD回収済みですが。

そして、トキオは禁断症状と戦いながら、1週間一度もビデオ、あるいはDVDを見ずに過ごしたのだった。
すごい。
偉いと思う。

|

はやくもクリスマス

20061104

ハロウィンが終わり、11月4日の日にはもう、トキオははりきってクリスマスの準備。

|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »