« あやうく火事 | トップページ | 田舎で全開 »

2006年8月29日 (火)

超能力少年 トキオ

お風呂で。
私がトリートメントをしていると、じっとそれを見て「それ何?」と聞く。
面倒なので「薬」と答えたが、ああ、こんなコミュニケーションではいけないわ・・そう思い直し

「ママは髪の毛が長いから、痛まないようにお薬を付けないといけないんだよ。Y先生(保育園の若くて可愛くて優しいセンセイ)も長いからやっているかなぁ?トリートメントっていうんだけど、センセイ付けてますか?って聞いてみてよ」
とアドバイスしてみる。すると

急に小学生の男のような態度で「してんじゃない。でもトキちゃん知らない。知らないから。大人のことは知らないだよ。でも子供の事ならわかるよ」
という。

「子供の事はなんでも判るんだ。何を考えているかもみえちゃうんだよ」
っと凄く偉そう。さらに続く。
「子供のことは何でもみえちゃうから、何を考えているか判っちゃうし、ここが心臓で、ここが胃ていうのもわかるんだ。でも、しょうりょうバッタとかは小さいから無理かな。あんまり小さいとみえないんだよね」

何を言っても偉そうな態度で熱弁。

じゃぁ、アリも駄目か?と聞くと「あああ、アリ小さいねぇ。あれもちょっと駄目だね」と言いながらお風呂から出て行こうとする。
一歩踏み出したところで、再び戻り一言
「あと、T君(パパの兄)とパパの中味もみえるよ。だって宇宙人だからね

|

« あやうく火事 | トップページ | 田舎で全開 »