« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月29日 (水)

夏の悲劇

土曜日、一足早く海に行きました。
鎌倉の海は美しく、カニを捕ったり魚と戯れたり。なんと言っても引き潮だったのか、遠浅の海がどこまでも続き、午後からほんの2時間程度でしたが、とても楽しい行楽でした。
が!
トキオがそのまま終わるわけもない・・・
では海から上がって、日帰り温泉でも楽しみましょうと、温泉施設に移動。車を止め建物に向かうも、トキオは相変わらず悪戯。今度はダンゴムシだ。ダンゴムシを捕まえるのに夢中で全然言うこと聞かない。怒った私はトキオを放置し歩き出し、パパも離れたところから呼んでいたところその悲劇は起こった。
「ぎゃーーーー」っと片方サンダル脱げながら、ほっぺを抑え尋常ならぬ泣き方で走ってくるトキオの後ろを一匹の蜂が飛んでいる。
「蜂にさされたーーーあ゛ーーー」
馬鹿め。ほっぺと、足を刺されてしまった。
温泉施設では職員の方総出で病院を探してくれたり(土曜の午後でどこもやってない!)、キンカンを持ってきてくれたり。なんでも針さえ残っていなければ、アレルギーなど無い場合は大丈夫だそうで、ガムテープを持ってきて貼ったり剥がしたりと、残っているかも知れない針を抜こうとしてくれた。

やっと見つけてくれた病院に行くにも鎌倉の町は今あじさいの盛りで大混雑。病院は駅の直ぐ近く。病院探しに30分。迷ったり渋滞したりで1時間。アレルギーがある場合とっくに死んでるね、っと話ながらやっと病院へ。

長くなったがここで蜂にさされた場合の注意と対応を。
●アンモニアを含むキンカンは効果的。そして冷やす。
●針が残っていないか注意。残っている場合当てたタオルで押し込んじゃうと大変!んで、
12時間以内に「吐く」「頭が痛い」などの症状が出たらその時は救急車を呼ぶように言われました。

それにしても「顔なんか指される前に逃げろ!」て感じ。
「ねこじゃらしだとおもったの・・それでトキちゃん、手で払っちゃったの」だってさ。
蜂に刺されて腫らした顔を、涙で更に腫らし寝入ってしまったトキオを見てオットの一言。
「『だれかぁ、助けてくださいー(セカチュウ)』って顔だなw」

病院や保養施設の皆様本当にありがとう。お騒がせしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月21日 (火)

亀だし

更新を誓いながら全然更新してません。それというのも突然やることが出来まして。
某恩師(作家・批評家)のHPを製作することになり仲間と不眠不休の突貫工事しています(大げさ)。出来上がった暁には大々的にご紹介します(それもまた大げさ)。本格運営は8月位かな。
そんな訳で更新し忘れが続き、これでは駄目だと、今昼の仕事中にこっそり更新。

ここ数日、飽くなき欲望の塊と化している息子。
やりたいことが多すぎて寝るまでに終わらず満足したことがない。その欲求不満がピークに達している。
眠いのに、やりたいことが終わらないから眠れない。寝不足が続いている。最近特に11時半や12時まで眠れない。

夕べを例に挙げてみると
「30分までパズルやって、40分までウルトラマンのスゴロク、50分まで戦いごっこやって、それからあとはビデオ、寝る前に本」何故か守れるはずもなく10分刻みでスケジュールを立てている。
スケジュールの最後は纏めてビデオ鑑賞。9時までには終わらず、なかなか辞められない。キリの良いところでそっとコンセントに取り付けたタイマーで消ししまう。
「あ!時間が来たから終わった!!」
・・・有料テレビか?しかし納得せざる得ず、今までなんとか納得していたのだけれど夕べは違った。
「えーーん、まだ全然あそんでない、遊び足りない。えーーん、時間が足りないーーーー」といって泣き出した。
可哀想に。時間が足りないのか・・私の息子はなんと不憫な・・・
「もう寝て、あした起きてからやろう。ねっ。」と、珍しくこちらも優しく声を掛けてやると
「時間が少ないからいけないんだ。寝る時間も長すぎる。夜が長すぎる!」と言って今度は夜が長すぎると怒っている。
「早く起きてやる。明日は絶対早く起きてやる」っと、本来の使用目的として正しく利用されたことのないプーさんの目覚まし時計をセットし始めた。
「これは何時?これは?」っと確認しながら決めた時間は午前1時。「ムリでしょー。ぷぷ」っと思わず笑ってしまう。
「だって、トキちゃん、これ昨日おしっこに起きた時間だよ。あの時トキちゃん目が潰れちゃってたじゃない(笑)、あれじゃぁ起きられないんじゃないの?」っとひやかし半分で言ってやると、枕元ならず耳元に時計をおいて布団に入った。
結果は書くまでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 3日 (金)

保護者会 1

保護者会がありますた。
まぁ色々ありましたが。タイトル通り、これは1です。

雑談の中で、自分の子供の自慢は?・・っと先生から質問が。
以前より子供のやんちゃぶりで、うちとタメを張っていたユウくんのママが「安らぎや元気を与えてくれます」っと爆弾発言!
冗談交じりな口調ではあったが、その大いなる笑みに後光を見たのは私だけだろうか。ああ、数ヶ月の間になという変化!

うう、くそう。負けずに私も考えてみた。
ああ、駄目だ。
どう考えてもトキオを見て安らぐことなんてあり得ない!。
確実に寝ているのを確認して初めて可愛いと思えるほどだ。
しっかり檻に入ってこちらに被害が及ばない、とわかるからこそ可愛いと思う動物園の猛獣と同じだ。
いつか私も、この子を見るだけで元気が出るなんて日がやってくるのだろうか?

そんな思いを抱いたまま今日気が付いた。
そうか、今まで結構不摂生な乱れた生活をしていた。
飲んで騒いで夜更かししたり(しかも毎日)・・きっとそういう不摂生で死ぬんだろうな、なんて思ってたりした。
でも「子供をもってから死にたくないと思うようになった」という気持ちが最近はよーく分かる。
本当に子供を残して死ぬことはこの世で一番の悲劇だと思う。
ああ、なんとしても死にたくない。
子供の行く末を見たい。
そんな希望を強く強く持っていることに気が付いた。

それって、もしかして
「トキオは私の希望」
    ってこと?

おお、
次回は堂々と「トキオは私の希望です!」っと発言しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »