« 怪我 | トップページ | 追記 »

2004年7月23日 (金)

自由人

夕べの食事の最中「ねぇ、御飯食べ終わったらお茶屋さんに行かない?」という。
「え!お茶しに行くの?」っとちょっとびっくり。
「でも御飯をちゃんと食べないと駄目だよ」とひきかえ条件を出す。とにかく食が細いので、なんとか食べてくれないかといつも四苦八苦している訳だけども。理由はなんであれ食べればよし。
そういう訳で頑張って食べてくれましたので、要求に応じてお茶屋さんを目指す。べローチェにつくと「ここじゃないよ」という。
「えー、もうどこだか分からないよ。どこ?」と聞いても要領を得ないことをいうので、トキオが行ってくれと行き先を任せた。
走り出し、向かった先はどういうわけかコンビニ。
一直線に店に入り、まるでいつも来て店内を知っているかのように迷うこと無く飲み物の冷蔵庫を目指す。
通りがかりに左手でベビースターラーメンをゲットしながら、右手でウーロン茶に手をのばす。御茶屋ってここなのか・・・。

レジを済ませ店を出ると、「トキちゃんここで食べたいんだよ」っと店の前の柱に寄り掛かり食べるんだという。
どっか別のところで座って食べようよ、といっても嫌だと言う。
もう、面白いから好きなようにさせてみると、夜の池袋の繁華街を行き来する人並みを眺めているらしい。
少しすると、ちょっと進んで別の店の看板に寄り掛かりまた食べる。また少しすると今度は疲れたといい、道のまん中にしゃがみ込んで(うん○座り)往来を見ながらベビースターを食べ続ける。ある時は店の階段。ある時は酔客の出入りする飲み屋の入り口。ベビースターラーメンを食べながら、何を考え眺めているのだろう。
夜の渋谷、眠らない若者達の姿がだぶった。きっとそんな子に育つんだろうな、毎晩補導されて。嫌だな。でもそうしたらお巡りさんと仲良くなろう・・なんて、母は思いを巡らす。

そんな、まったりな夏の夜。突然トキオの声で事態は一変する。「うんちー。うんちうんち。うんちー」。
トキオは1週間に1回ペースの凄い便秘症。
この機会っを逃してはならん。でもこんな町中でうんちしてもならん。
ああ、やっぱり我慢させて出なくなるのは何より困る
「あああ、がんばって!、もらしてもいいから。でも、頑張って。頑張ってね、あああ。も、もらしてもいいから・・」っと矛盾した事を口走り、夜の繁華街二人は手を取り合い家のトイレを目指して走った。

|

« 怪我 | トップページ | 追記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自由人:

« 怪我 | トップページ | 追記 »