« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月15日 (月)

トイレトレーニング = 必要ない

嗚呼。長かったトイレトレ。
ていうか、半年くらい前に失敗して、もう放置状態だったわけだが、突然今週あたりからおむつが取れた。
随分我慢できるようになって「ときちゃん、がんばる」なんていいながら急いで帰ってくる。
寝ている間も出ない日が続き、この数日は1度履いたオムツを何日も使っている。も、もちろん、出てないから使っている。
一人でトイレにも行ってくれる。踏み台を置いておくと勝手にそれを踏み台にして、大人用の便座に座っている。
逆にこちらが一緒に付いていこうとしたり、「おしっこは?」なんて聞くと凄く嫌がる。一人でトイレにはいり鍵なんかかけて(笑)。
今日は同じ要領で、うんちまでして来た。
でたら教えてね、お尻拭くから、といったのに勝手に拭いたようだ。
ああ、やっぱり最初からおむつ外しなんてしてやる必要なかったわ。
放っておけばこのように出来るのね・・・。紙おむつって最高(T-T)。

ところで、私は今鼻炎かと思ったらやっぱり風邪のようで。
2/1からトキオのインフルエンザが始まって、治る間もなく別の風邪をひき、また治る隙もなく中耳炎になり、その間私もうつされ、そして、今度はまた私が風邪か。
もう、頼むから健康な日を1日下さい。

で、全然関係ないんだけど
トヨタのロボット君が人口唇が出来て、上手にトランペットを吹いた。
かと思ったらソニーのロボット君が、愛らしく、かなり愛らしくパワーアップし、可愛い口をきくようになった。
CMでさかんにその可愛いさを広告している。
ああ、可愛い。
これ、やっぱ凄いね。
介護ロボットや犬の散歩ロボット、友達ロボット・・・
私たちの夢見たドラえもんやアトムに本当に会える日が近くなったようだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月12日 (金)

トキオの好みとは

こんなに小さなうちでも、好みの女の子がいたりする。
まだ小さいから、気の強い子に怒られてたじたじとしてしまったりしているわけだが。
「ねぇねぇトキちゃんってダレが好き?」っと聞くと
照れるから不思議。人間には本能的に男女中は恥ずかしいものなのだなぁっと感心する。

しつこく聞くと「●●ちゃん」っと消え入りそうな声で答えたりする。
「えーー、●ちゃんのどこが好きぃ?」っと聞くと

ひぇ・・顔?!
「トキちゃん、そうか、顔が好きなのか・・・」
トキちゃん、人間は顔とか見た目はなく、大事なものがあるんだよ、っと言いたいのはやまやまだが、そんなことまだ分かるまい。せいぜい小さいうちに顔の善し悪しを堪能しやがれ。

またしばらくして、少し保育園での人間関係に動きが見られ、再び
聞いてみる・
「トキちゃんは、ダレが好きなのかなぁ」
すると
「△ちゃん」
「へー。なんで?」との問いに

・・・・・・やっぱり顔なのか。

トキオもいつか恋をして、その意味を知るときが来るのだろう。
「顔が好みじゃないのよね」とあっけなくカワイ子ちゃんに振られ、いくら努力してもどうにもならないことがこの世にはあるという事を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 2日 (火)

シンデレラ

5歳さんが卒園と言うことで、お別れ会をやるそうです。

で、いきなり先生が「お母さん、ちょっとお話が」なんていうものだから、生活態度のよろしくないのを理由に来年から退園・・なんて言われたらどうしようとか、お母さんちょっとルーズな感じがしますが、お仕事はどうなっているんですかっ!なんて言われたどうしよう、とか、あうあう
そしたら「この度シンデレラをやることになりましたが、トキちゃんにイジワル姉さんの役をやって貰いたいのですけど、いかがでしょうか?。」だって、がくっ
心配して失敗した。いやぁ、なんだ、そんなことなら、どうぞどうぞっと、来た仕事は決して断らないのをモットーとする私は、即座にオッケーしてしまった。
しかし考えてみたらトキオは喜んでいるのだろうか?。

帰宅後のトキオに聞いてみた
「トキちゃん、お別れ会やるんだって?。」
「やらない」
「え?だって、トキちゃんのクラスは劇をやるんじゃないの?」
「やらない」
「じゃぁ、ときちゃん出ないの?。なんだ残念。ママ見に行こうと思ったのに」
「こないで!来ないでぇ!」
ひー、どうなっているんだ。
よその子はダレが何をやるとかまでお母さんに話しているというのに・・・

もしかしてトキオ、イジワルねいさんが嫌なのか?。

その割りには
「トキちゃんすごく張り切ってますよ。一番なりきっているかも。劇団東●を推薦しますw」
・・・・と先生に言われてしまいましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »