« 反抗 | トップページ | 嵐の日曜日 »

2004年2月23日 (月)

熱が出たり引きつけたり

ここ数日、トキオを放任しているのだがすごく楽。
今までは逐一ご飯をこぼしているだの、手を洗え、今すぐ洗え、くつしたを脱げ・・・私のペースで私のやりたいように出来なければそれは叱られる。こんなんでは反発もしたくなるよね。
これらを一切辞めて数日の今日。私もトキオもとても楽になった。

さて、ところで。
妹の子1歳8ヶ月が昨夜熱を出して引きつけてしまったらしい。
引き付けは高熱になると発症するのかと思っていたが、そうではなくて、実際甥も37度か38度くらいで引き付けたという。
救急車なんだったんだけども。
その前日「”子供なんて38度5分でも微熱みたいなもんだから大丈夫。よっぽど高くないと救急車なんて必要ないですよ”と医者に言われたから、あんまり気にしなくて大丈夫じゃん。ああ、因みによっぽど高いってどれくらいかと思ったら”42度”だって」なんて妹に話していた所。
結局厚着をさせすぎて、脱水気味で引き付けてしまったのではないかと。もちろん風邪が元なんですけど。

しかし、考えてみれば前後も状態も知らない、通常のその子の状態も把握してない、現状さえも正しく把握していない素人が簡単にそんな一部分を切り取って話すものではないと反省した。

そもそも、熱はぐんと上がる前手足が冷たくなって寒がる。
その場合は厚着をさせたり布団を沢山掛けてあったかくしてやる。
逆に熱が上がりきると今度は暑くなるので、薄着をさせて涼しくしてあげる。という指示を医者から受けたことがる。
熱があるとき涼しくしてあげるなんて、私にはとても出来ないが、でもそうしないと子供には危険な状態を引き起こすことがあるようだ。そういうえば、大人の風邪の場合熱を下げるために必要以上に暖かくして汗をださせようとするけれど、同じように体力のない幼児にやるとけいれんを起こしたりすることがあると、以前何かで読んだような気がするのも思い出した。

このように熱の上がる時か上がりきってしまったときかでも処置が違うのだから、迂闊に「こういうときはこうするべきだ」というアドバイスは本当に危険だと今回肝に銘じた。
全体を考えて意見できないようなことなら、もう横から口を出すのはよそう。
水分補給も忘れずにねっ(でんこちゃん風に)

|

« 反抗 | トップページ | 嵐の日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱が出たり引きつけたり:

« 反抗 | トップページ | 嵐の日曜日 »